GOJO Timeline Thumbnail

ゴージョーは、70年以上に渡り、世界中の人々の
健康維持の方法を改善してきました。
当社の年表をご参照下さい。

GOJOの歴史

GOJO(ゴージョー)の歴史は、1940年代に米国オハイオ州アクロンで始まります。アクロンはタイヤ・ゴム産業が盛んな町で、そのひとつで製造作業員として働いていたゴールディ・リップマン夫人は、一日の仕事を終えると手に付いた汚れを落とすことに大変苦労していました。手洗いのための化学洗浄剤はありましたが、黒鉛、炭素、タールの汚れを落とすには、ベンゼン等の強力な化学薬品を使用しなくてはなりませんでした。

この方法では手肌への負担が大きいため、ゴールディの夫、ジェリー・リップマンはより優れたハンドクリーナーの発掘に乗り出しました。ここからゴージョーのイノベーションの精神が生まれたのです。ジェリーは、従来以上に良質な製品を見つけてもその製品に満足することはなく、ある日、ケント州立大学のクラレンス・クック教授に助言を求めることにしました。

そしてリップマン夫妻はクック教授と共に、頑固な油汚れを落とし、水無しできれいに拭きとるハンドクリーナーを共同開発することに成功しました。これがゴージョー®ハンドクリーナーの誕生です。従来のように化学薬品に頼るか、何度も手を洗う時代は終わったのです。

間もなく、リップマン夫妻が立ち上げた会社は成長を遂げ、妻ゴールディは経理を担当し、夫ジェリーは車に製品を積んで販売するようになりました。ジェリーはお客様との会話の中から、作業員が必要以上の量のクリーナーを使用するために経費が高くなり、製品を購入したくてもできない経営者がいることに気付きました。

GOJO Handcrank Dispenser

常に革新者であったジェリーは、史上初の定量管理ができるハンドクリーナー用ディスペンサーを開発、1952年に特許を取得しました。お客様の声に耳を傾け、作業員と販売会社の双方にとって望ましい製品を生み出すことで、ゴージョーがハンドクリーナー市場で重要な位置を占めるまでにそれほど長い時間はかかりませんでした。

その後数年間で、ゴージョーは新たな地域、市場への進出を遂げ続け、食品サービス関連施設や医療関連施設で使用される製品を生み出しました。ゴージョーは従業員の手の洗浄・消毒を習慣化するニーズに取り組み、1988年、手指消毒剤PURELL® Instant Hand Sanitizer(以下、ピュレル® IHS)を開発しました。

ピュレル® IHS の開発はゴージョーにとって大きな転機となりました。1997年、当製品を一般消費者向け製品として発売したことで、誰でも手軽に手指を消毒し、衛生的に保つことができるようになりました。現在、ピュレル® IHS は手指消毒剤における米国No.1※1のブランドです。

イノベーション精神に則り、ゴージョーはピュレル製品シリーズの開発後も、手指衛生においてより優れた製品を探求し、開発の努力を続けました。その結果、2006年にタッチフリーの壁付け式/テーブルトップ用ディスペンシング システムという革新的な製品群を発表、手指衛生のさらなる利便化を実現させました。

近年、ゴージョーのサステナブル・バリュー(持続可能な価値)に対する献身は、あらゆる活動に大きな影響を及ぼしています。2010年に発売したピュレル® グリーン サーティファイド ハンドサニタイザーは、世界初のEcoLogo認証※2手指消毒剤です。しかし、単に製品が環境にやさしいだけではありません。ゴージョーは常に製造工程、業務提携、地域社会との関係を評価しながら、世界の環境をより良くするため着実に実行しています。

2011年、ゴージョーはピュレル® アドバンスド インスタント ハンドサニタイザーを開発し、殺菌効果が最も高い製品を発売しました。これにより病院で最も信頼され、最も多く使用されるブランドとして確固たる地位を築き上げました。当製品は、疾病の原因となる最も一般的な細菌の99.99%以上を死滅させることを可能にし、さらに高いレベルの手指衛生の追求に挑んでいます。

2016年、ゴージョーは環境除菌・洗浄剤ピュレル®サーフェス、さらに2017年にはピュレル®ヘルシーソープを発売。手指消毒剤から、ハンドソープ、環境除菌・消毒剤へとピュレル®ブランドを拡張し、包括的なピュレルソリューションとして安心・安全な社会づくりに貢献しています。

この30年間で、ピュレル®ブランドは安全かつ効果的、そして人々や取り巻く環境に良いものとして必要とされる存在になりました。ゴージョーはこれからも顧客に耳を傾けながら、新製品の処方、技術開発、設計における革新を追及し、ピュレル®ブランドに対する高い期待に応えてまいります。

※1 GOJOが関与していない第三者機関による調査結果より(2010年2月-3月に実施)。
※2 ECOLOGO認証は、製品、サービスおよび包装の環境負荷が少ないことを証明する環境認証です。